工業の発達と鉄道

鉄道から工業へ興味を持たせる

鉄道製造工場は身近な工業

工業といわれるとなんだか自分とは関係ないもののように思ってしまいますが、鉄道ならいつも見ていたり利用していたりと身近に感じられます。子どもに工業への興味を持たせないのなら、いつも見ている鉄道の製造工場を見学しに行ってみるのもいいかもしれません。電車が大好きでおもちゃなどでいつも遊んでいる子ならなおさら喜んでくれるのではないでしょうか。そういったものに興味を持たせるにはいつも見ていたり大好きなものから始めるといいものです。それをきっかけに製造業にも興味を持ってくれて、また幅が広がるかもしれません。

鉄道の発展の背景について

鉄道の発展の背景には、工業の発展が有ります。当時は石炭が非常に重要な燃料となっており、その石炭を発掘場所から運び出す為に非常に大きな労力を費やしていました。人手で担いで運ぶには非常に効率が悪く、そのため軌道を作りトロッコの様なもので押して運ぶといったことが開発されました。この方法は非常に便利なものでしたが、それでも一度に大量の石炭を運ぶことは難しい上、人手で押して運ぶために長い距離が運べないという問題がありました。これを解消するために石炭を燃やしてこれを動力とする蒸気機関車が発明され、石炭を運搬するための便利なものとして発展したのが鉄道の始まりで、工業の発展と密接に関係しています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 鉄道の発展と工業の歴史 All rights reserved