工業としての鉄道

鉄道に関する工業製品

日本工業が世界に誇る鉄道の技術

日本の工業においては世界に誇れるものがいくつもありますが、鉄道の技術もその一つです。これは明治の初期にイギリスから日本に輸入されましたが、その後勤勉でもの作りが得意な日本人の手によって現在ではすべて国内で作られています。明治以降の鉄道の進化は大量の物や人を効率よく早く運ぶことにつながり、日本の産業や経済に大きく貢献しました。現在この技術は国内だけでなく、インドをはじめとして世界各地へ輸出されています。最近中国もこの分野で工業を発展させ世界へと進出してきましたが、乗り物の速度が速いだけでなく安全であることが日本製の大きな魅力なのです。

車体製造以外の鉄道工業

鉄道を作っている工業といえば、車体ばかりを思い浮かべてしまうかもしれません。誰もが子供の頃から親しんでる電車ですから、身近な電車の姿がすぐに頭に浮かんでくるではないでしょうか。しかし、鉄道工業はなにも車体を作ることばかりではありません。レールや電線を作ることもそれに含まれるのです。車体ばかりではなく、レールも電車を作っている重要なものの一つですよね。レールはリサイクルされてホームの屋根を支える鉄筋になったりすることもあります。そんな風に古くなったものが使われているのはとても素敵ですね。また古くなった車体も海外に輸出されてまた別の国で使われることあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 鉄道の発展と工業の歴史 All rights reserved