もしもの時に資産守る

簡単にできる浸水対策とは

自分でできる浸水対策

自分でできる浸水対策として、土のうを設置することがあげられます。土のう袋はホームセンターで購入できます。また、40リットル程度のごみ袋二重にして、半分程度水を入れた物を、何個か段ボール箱に入れて出入り口などに設置する方法やポリタンクやプランターを使う方法もあります。これらダンボール箱などは、レジャーシートなどに包んで設置します。また、テーブルなどの長い板をで出入り口に設置しても良いです。次に家の周囲では、雨水が正しく下水に流れるよう、雨水ます上に物を置かず、ゴミがたまらないように注意します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 鉄道の発展と工業の歴史 All rights reserved